DIYは自己責任で行おう

DIYでのアフターパーツの取り付け、車の修理については自己責任です。スイーツ01

 

整備工場で整備をプロに依頼すると工賃が発生しますが、万が一、整備上の問題が原因で製品を破損させてしまったり車体側にダメージが起こった場合は整備する側に責任があり保証の対象となりますがDIYで行う場合はご自身が整備を行う事になりますから万が一、破損や車側にダメージを与えてしまった場合で修理が必要になった場合はご自身の責任となり新しくパーツの手配が必要になります。

 

どうしてもメカニックな事についてはダメな方も中にはいます。

 

取り扱い説明書があったとしても熟練した腕とノウハウの元、取りつけられるのとは事なりますので失敗する事もありますので注意が必要になります。

 

自己責任に不安を感じるのでしたら最初から整備士のプロに整備を依頼したほうが安心です。

 

工賃については発生しますが安心料と言う形で思えば良いのではないでしょうか。

 

もともと手先が器用で取扱説明書を読めば問題ないという事であればご自身で取り付ける事もありですが、万が一の場合はすべての責任は自分にある事を頭の片隅に置いて置くようにしましょう。

 

商品を破損させてしまうと再度購入しなければならなくなってしまったり、他の箇所を修理しなければならなくなったりと二度手間になってしまう事も想定しておきましょう。

コメントは受け付けていません。