こだわりのドレスアップで見た目を好みに

いちご

 

ドレスアップといっても実にさまざまなアプローチの方法がある訳ですが、大別すると車のエクステリアとインテリアに別れます。

 
前者ではエアロパーツなどの外観変更や、ホイール・タイヤなどの駆動系を高性能と機能美を併せもったインチアップやタイヤ性能におけるコンパウンドの硬さに裏打ちされた走りの追及などが挙げられます。

 
また、マフラーやエンジンルームの給排気系システムを追求することで得られるエキゾーストノートを意識した音へのこだわりも、講義的な意味ではDIYの世界に通ずるものがあります。

 
後者のインテリア関係としては室内の小物に代表されるさまざまな後付けパーツによる装飾、そしてハンドル口径や滑り止めなどの装着による見た目のチューンアップも挙げられます。

 
これらのパーツで特にインテリア系は自動車用品専門店などでとても沢山のラインナップを誇っており、通常ディーラーなどで用意しているインテリア系パーツとは比較対象にならないぐらいのストックを取り揃えております。

 
さらに見た目重視の好みとしては、カーワックスとはまた別にボディのコーティングを意識したさまざまな成分によるボディメンテナンスが展開しておりますので、業者ごとに目的や用途に応じた内容で車の見た目を鮮やかに演出することなどがポピュラーとなっております。

コメントは受け付けていません。