‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

DIYで注意すべきこと

2014/07/03

DIYでの注意点としては、取り付け上の責任はすべて自分にあるということです。

 

ですから万が一取り付け方法間違ってしまって商品を壊してしまっても全て自分の責任です。

 

整備工場などで取り付けを依頼する際に工賃が発生しますが、プロに取り付けを依頼することによって、商品代+αの料金が発生するために自分で取り付けにチャレンジしようと思う方が多いのですが、技術的な問題で取り付け方法をうまく理解できなく、間違った取り付け方法を行ってしまい壊してしまう事も珍しくありません。スイーツ02

商品自体を破損させてしまうこと、車体側に破損させてしまうこともありますので、ご自身で取り付けを行う際には十分気をつけて、取り付け方法に不安があるのでしたら無理に行わないことが大切です。

 

せっかく購入したパーツを破損させてしまい、再度購入しなければならなくなってしまったり、車体側に傷や破損をさせてしまって気分が落ち込むのでしたら最初から工賃を支払い、整備士のプロに依頼した方が結果的に良いという形になります。

 

取り付ける際に説明書が入っているのであればしっかりと読み込み、理解することが大切です。熟読してどうしても理解できないということであればその段階でプロに依頼することをおすすめします。

DIYでやってはいけないこと

2014/07/03

DIYは自己責任です。

 

アフターパーツを取り付ける際に整備工場等のプロにお願いすると工賃を請求されますが、工賃を請求されるということについては万が一取り付け方法に不具合があり、再度修正が必要な際の保証が受ける権利を有します。

 

ご自身で取り付けをするとなると、自身が責任者です。

 

万が一取り付ける際に車体に傷をつけてしまったり取り付け方法を誤ってしまい、破損させてしまった場合には自己責任となります。

 

ですからそのような場合に商品の具合が悪い等のクレームを申し立てるのは論点が異なります。

 

ご自身だけで取り付ける自信がないのであれば、整備士のプロに工賃を支払いしっかりとした安心感を得ることをおおすすめします。

 

簡単なことであればご自身でできることもありますが、どのようなトラブルが発生するか予測はできません。

 

例えば工具を前もって車体にぶつけてしまい傷をつけてしまった場合には、ご自身で対処しなければなりません。

 

これが工賃を支払いプロにお願いしたのであれば傷をつけた過失を問うことができるのです。

 

滅多にこのようなことはありませんが、整備士の資格がない素人が整備を行うとなると失敗が発生するデメリットがあるということを常に頭の片隅に置いておくことが大切です。

DIYは自己責任で行おう

2014/07/03

DIYでのアフターパーツの取り付け、車の修理については自己責任です。スイーツ01

 

整備工場で整備をプロに依頼すると工賃が発生しますが、万が一、整備上の問題が原因で製品を破損させてしまったり車体側にダメージが起こった場合は整備する側に責任があり保証の対象となりますがDIYで行う場合はご自身が整備を行う事になりますから万が一、破損や車側にダメージを与えてしまった場合で修理が必要になった場合はご自身の責任となり新しくパーツの手配が必要になります。

 

どうしてもメカニックな事についてはダメな方も中にはいます。

 

取り扱い説明書があったとしても熟練した腕とノウハウの元、取りつけられるのとは事なりますので失敗する事もありますので注意が必要になります。

 

自己責任に不安を感じるのでしたら最初から整備士のプロに整備を依頼したほうが安心です。

 

工賃については発生しますが安心料と言う形で思えば良いのではないでしょうか。

 

もともと手先が器用で取扱説明書を読めば問題ないという事であればご自身で取り付ける事もありですが、万が一の場合はすべての責任は自分にある事を頭の片隅に置いて置くようにしましょう。

 

商品を破損させてしまうと再度購入しなければならなくなってしまったり、他の箇所を修理しなければならなくなったりと二度手間になってしまう事も想定しておきましょう。

節約面でも満足な改造術

2014/07/03

車自分でカスタマイズして自分好みの車へ変身してみませんか。

 

改造術でポピュラーなものがLED照明です。

 

LEDをルームランプに取り付ければ、いつもの車内がムードたっぷりの演出になります。

 

オーディオを取り付ければ、よりキレイな音響で聴くことができ、快適にドライブする事が出来ます。

 

車のカスタマイズは整備士に頼む事が出来ます。自分ですれば工賃を節約する事が出来ます。

 

自分でカスタマイズする時に自動車DIY初心者にとって必要最低限どんなものを取り揃えておけば良いのでしょう。LEDやオーディオを取り付ける時に大切なものが工具です。

 

工具には、プラス極とマイナス極の各種ドライバーが必要です。配線をバッテリーに取り付けたりする時に必要になります。

 

電工ペンチは配線コードを切ったり端子を取り付けたりする時に必要になります。

 

ラジオペンチは、配線を取り付けたりヒューズを抜いたりする時役に立ちます。

 

カッター部分では配線コードを切断する事が出来ます。

 

プライヤーは、節電コネクターを使う時にはさんで圧着するための工具です。

 

配線コードはLEDを取り付けるときに活躍します。配線には0.2㎜の細線から太いものまであります。

 

このほかにも配線コネクターや検電テスターが必要です。

故障したパーツを自分で交換する

2014/07/03

さくらんぼ自動車が故障すると、修理にすごいお金を取られてしまうものです。
自動車の部品自体が高いということもありますが、その工賃自体も非常に高いため高額な修理代を取られることになってしまいます。
そのため、簡単なものは自ら部品交換をすることでお金を節約することが出来るのです。

 

特にブレーキなどのテールランプはネジなどでカバーが閉まっているだけというものも多いので、ネジを取ってカバーを外しその規格にあったランプを交換するというだけの作業なので、とても簡単です。
このような作業でも、修理工場などに頼めば何千円と取られてしまうこともあるだけに、自らの手で行えばちょっとした節約になります。

 

 

それ以外にもワイパーやタイヤの交換なども、運転手本人が行うことのできる簡単なものなので、チャレンジしてみるのも悪いことではありません。
このような部品を自ら交換するときの注意点として、決して無理をしないことが重要で少しでも無理を感じた時には素直に修理工場に持ち込むことが重要です。
しかし、修理をするのにそれほどの危険性を伴わない箇所であれば、頑張って修理してみると知識も身につきお金も節約できていいものですよ。

初心者でも失敗しない塗装のやり方

2014/07/03

キノコ自分の車を自分で修復や整備、改造したりする自動車DIYはプロが行う以上の仕上がりにすることも出来ます。塗装を書品車でも失敗しないように仕上げるにはいくつかの注意点を把握しておくことで、プロでも困難な仕上げもうまくこなせることが出来ます。

 
プロが整備として行う場合は、塗料の性質や使用する材料の特性などの幅広い知識を持って環境の整った場所で行います。自動車DIYによって失敗しないようにするためには、知識を身につけておくことが重要となります。具体的な方法としては2通りあり缶スプレーを使う場合とスプレーガンを使用して行う方法があります。

 
缶スプレーはプロが使っても難しいものであり、使っているうちにスプレーが冷たくなっていきます。これは気化熱によるものですが冷えていくごとに噴射が悪くなり塗りムラが出てしまいます。スプレーガンを使う場合に大切なのはエアーの調整となり、スプレーガンを使うときはコンプレッサーが必要になります。ホームセンターで売られているコンプレッサーを使うことになりますが、エアーの加減でゴミが付着したり不具合が起きます。オイルフリーのコンプレッサーを使用するかエアツールを使う時に水抜き機能を備えた簡易型のトランスフォーマーを取り付けることで不具合がなくなるので上手に塗ることが出来ます。”

こだわりのドレスアップで見た目を好みに

2014/07/03

いちご

 

ドレスアップといっても実にさまざまなアプローチの方法がある訳ですが、大別すると車のエクステリアとインテリアに別れます。

 
前者ではエアロパーツなどの外観変更や、ホイール・タイヤなどの駆動系を高性能と機能美を併せもったインチアップやタイヤ性能におけるコンパウンドの硬さに裏打ちされた走りの追及などが挙げられます。

 
また、マフラーやエンジンルームの給排気系システムを追求することで得られるエキゾーストノートを意識した音へのこだわりも、講義的な意味ではDIYの世界に通ずるものがあります。

 
後者のインテリア関係としては室内の小物に代表されるさまざまな後付けパーツによる装飾、そしてハンドル口径や滑り止めなどの装着による見た目のチューンアップも挙げられます。

 
これらのパーツで特にインテリア系は自動車用品専門店などでとても沢山のラインナップを誇っており、通常ディーラーなどで用意しているインテリア系パーツとは比較対象にならないぐらいのストックを取り揃えております。

 
さらに見た目重視の好みとしては、カーワックスとはまた別にボディのコーティングを意識したさまざまな成分によるボディメンテナンスが展開しておりますので、業者ごとに目的や用途に応じた内容で車の見た目を鮮やかに演出することなどがポピュラーとなっております。

マイカーを自分でカスタマイズする楽しさ

2014/07/03

アーモンド車というのは、特に最近の車はものすごく完成度が高いために購入時の状態のまま乗ってもなんら不満を感じない場合がほとんどです。しかし、車というのは何万台も販売されるようなものですから、当然全く同じ車が世の中にはたくさん走っている訳です。

せっかく頑張って購入したマイカーですから、世界で1台だけの「愛車」に仕立て上げていくことも車の楽しみ方のひとつです。端的には改造という単語になってしまいますが、ドレスアップという考え方の方が車の楽しみ方としては正しい単語かもしれませんね。

車の構造においてはオーナー自身で手をつけることが出来ない箇所も非常に多くありますが、ものすごい数の部品で構成されているため、オーナー自身で手をつける、ドレスアップできる箇所も非常に多くあります。

オーナー自身で、毎週休日に少しずつドレスアップをするのは楽しいものです。このドレスアップを自分でやることを存分に楽しむためにはいくつか道具を揃えておくとよりドレスアップが楽しくなります。

その筆頭に挙げられるのは、レンチやスパナなどの基本的な工具がセットになっている工具セットでしょう。様々な種類のラチェット、ペンチ、スパナ、などがセットになって、比較的リーズナブルな価格設定のセットをホームセンターなどで見つけることができますので、最初には是非これを購入しておきましょう。これらのパーツの規格は共通ですので、後からセットの中身のうちよく使う工具をグレー祖アップしていくのがお勧めです。是非ホームセンターで探してみて下さい。

DIY初心者が最低限揃えたいもの

2014/06/20

DIYを趣味とされる方は最近多くなっています。自分で作る喜びや楽しさを味わうことができますし、作った物も今後の生活に役立つものであることからとても有益な趣味と言えます。

 
そのためにはある程度の道具を揃える必要があります。揃える道具に関してはどんな作業を行うのかによって異なってきます。それが大工の仕事なのか、壁紙をはる作業なのかといった具合です。
もし、大工の作業となるのであれば、基本的なものとして、まず様々な材料を測るためにスケールが必要です。また、材料を切るためののこぎりが必要になります。手ノコですと、多くの材料を切る場合かなりの体力を要するので、もし可能であれば手頃な丸ノコがあれば大変便利です。そして、インパクトドライバーがあると、材料をネジでつなぎ止めるのに役立ちます。さらに金槌は釘打ちに必要になります。

 
これが壁紙はりの作業であれば、壁紙をならし空気を抜いていくための撫でバケや壁紙の余分をカットする際に使用する地ベラ、また壁紙を切るために使うカッターそのものが必要になります。

 
こうした作業内容に応じた工具が必要となりますので、自分が行う目的の作業に応じて工具を揃えて行くことが必要になります。